vita dolce!





TO:23 YE:18 ALL:633290





24時間限定リアルタイム


 
 
自分というモノの
 
俺っていう人間の
 
存在価値を考える
 
 
 
なにを目的として産まれてきたのかな
 
毎日っていう繰り返し訪れる時間に
戸惑いを感じる
 
 
 
 
数日1日の終わりに思う事は、
 
暑かったなー。。。
 
 
 
 
頭がボーってする。
 
 
こんな暑い中、1日の半分である
12hもを、仕事して、
 
 
疲れきって帰宅して、また仕事の朝を迎えて
 
 
 
 
 
 
 
 
そう言う事が人生であり、
これが生きると言う事なん
 
 
いっそ死んで楽になるなら、死にたい
コメント(0)


 
6時30分集合の朝
 
ブーブーと
6時33分携帯の鳴り響くバイブで目覚めました。
 
 
 
他の人は、寝坊したが休む理由になるし、
 
寝坊したのですいません。で休んだりするのに
 
俺は電車でおいで。電車でこい。
 
ま、捉え方やろうけど、
 
ゴタンゴトン満員電車で別に
行きたくもない仕事に向かってる。
 
 
 
腕みても時計ついとらへん。
 
忘れてきたんやな。時計。
 
 
 
 
何時でもなんでもどうでもいいか。
 
 
 
生きてる理由さえないわ。
毎日おもんない。死にたいわ。
コメント(0)


 
 
 
2014年2月1日。
母が他界して丸4年が経とうとしてるんだね。
 
俺にとってどんな4年やったんやろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな中おかんの、母。
 
おばあちゃんにまた癌が見つかる。
 
 
 
 
1年前乳癌の手術して、長生きするぞ!と
言うてくれてた矢先の話。
 
 
 
転移でもなく、また新たな癌。
 
 
 
 
食道癌です。年齢関係なく進行が早いみたい。
 
 
手術できない事ないのだけど
凄い繊細な所で、声帯も近くにあり、
 
成功しても、もう喋ることは8割くらい
不可能ではないでしょうかと言われました。
 
 
 
 
喋る。歌う事が。
 
日々の生活の数少ない楽しみであろうに。
 
 
 
 
おばあちゃんは、脳内出血、くも膜下出血、乳癌と大手術を3回も経験していては、
 
 
もぅ、4回目はかわいそうすぎて
俺には判断できないょ。。。
 
 
 
 
特殊な手術で、日本でも事例が
100件ほどしかなく、手術成功となっても、
 
術後長くは生きれてる事例がないときき、
 
 
 
喋れない、術後3週間入院。。。
 
 
もぅ、そんな事を得てまで、
元気にいきたいって言ってくれないよ。
 
 
 
 
そんなこともあり、もう手術受けないという
判断を選ぼうとしてます。
 
 
 
 
 
手術しては、声を失い、痛い思いをして、余命1年くらいかな。
 
 
手術しなくて、多少苦しみもでたりと進行が早いこともあり、これも余命1年かなとの話。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな時。僕はこう思います。
 
母が生きていたら今回この現実をどういう振る舞いで自分の中で処理して、どう言う選択するのかなって。。。
 
 
 
 
 
 
もしも。
 
俺のおかんが癌となり、俺が判断するなら、
 
おかんでも、今回のおばあちゃんと同じ選択肢を俺は選ぶのかな。選べるのかなって。。。
 
 
 
 
 
 
 
こんな事本当に俺が選んでいいのとか
 
どれも悲しいし、辛い選択肢しかない問いに
 
戸惑う事しかしないし、
27歳の俺には荷が重すぎるよ。
 
 
 
 
いろんな重圧が俺を押しつぶそうとしてくる事の連続で。。。
 
 
 
1人泣こうが、解決しない出来事の多さに
 
『生きると言う事』を学ぶ日常。。。
 
 
 
 
 
コメント(0)