ちよっちゆね(-ω-`)



1:3:65608

BUMP OF CHICKEN






24時間限定リアルタイム

コメントを書く
戻る



悪い癖



あいつは、
自分をいつでも正当化できるように
どこかで保険をかけている。

今回もそう。あたしに押されたから
付き合ってやろうという考えがあり、

だから別れる時も自分が悪いと言いながら
どこかで、でも貴方の為だと思っている。

相手に傷を負わせているけど、
自分の方が傷ついてるし、
そもそも全部が貴方の為にやった事で
って言う保険をかけてるから、

落ち込んでいる心の奥底で、
きっと自分を正当化しているのであろう。



彼はそもそもプライドが高い。
自分が正当化されるのが大前提だから
理論展開する時も絶対自分を正当化してる。

崩れない自分が正しいって言う理論が
頭の中、心の中にあるから、
基本は何を言われても平気なのだ。

これは柔軟性があるといっていいのか、
優しいと言っていいのかはわからない。

だから相手にも優しくできるし、
メチャクチャ分厚い仮面を被れる。




だから、釘を刺されると怒る。
自分が正当化されている理論の
隙を突くような考え方の奴は気に入らないから。

彼は、自分が正当化された世界で
生きていくことを望んでいる。

要は頑固、だから野党は必要ないと思っている。


私は持論を展開したあの日、野党になり
多分、彼の人生において戦力外通告を受け、
二度と立ち入りを禁じられた。



でも、私は後悔していない。
今回はまんまと騙されたと思っている。

私が求めていたアンサーだと思った一言は、
保険付きの自分のプライドを守る一言だった。

私のことなんてどうでもよかったんだ。
自分の事が好きな相手と付き合う自分が優しい奴だと
自分は優しい奴だからと、正当化して、
自分のプライドを守ってただけ。


自分のプライドの前に、
相手の気持ち考えるとか、
してほしいもんだけど。

もう過ぎたことはしょうがないか。




あの時、気持ちを汲み取らなかったのは
彼に優しくしたくないと思ったから。

あの優しさは私の為であったと思うけど、
同時に彼の自己満足であって、
プライド材料だったということ。

自分の優しさに酔いしれているから、
人が傷つく気持ちも分からないということ。

謝りながらも自分を正当化しているから、
私から謝罪の気持ちが生まれないということ。




だけど、これは男の性質だと思う。
あいつらはプライド人間だから。
これは生まれつき持っているものだから。

きっと賢い人ほど高いプライドがあり、
そのプライドは、ある年齢を過ぎると、
角が削れ丸くなっていくんだろうと思う。

2017/12/13(Wed) 04:16

コメントはまだありません


コメントを書く
戻る

1×365608